手話小学校校長の紹介

手話小学校校長(運営者)の西岡裕一といいます。

改めて、手話小学校にご興味を持っていただきありがとうございます。

私はろう学校(聴覚障害者特別支援学校)で20年間、手話とともに育ちました。また、健聴者にも手話指導もたくさんの経験させていただきました。しかし、「わかりにくい」という声が多かった。

色々と工夫した結果、「わかりやすい」と言っていただけるようになり、YouTubeでも手話教えようと思い、挑戦しました。

運営者から手話に対する想い

手話言語法、手話言語条約制定により「手話」の認知を広げてきていると実感しております。しかし、まだ差別受けているところもあります。私も同じ思いです。

今までいろんな差別を受けてきて、「あの人が手話できたらな・・・」と思ったことは1回だけではありません。聴覚障害者、手話できる人の一人ひとり貢献によって少しずつ変化してきています。

2つの事例を紹介させていただきます。(いろんな事例がありますが、一番最近の事例を紹介)

1つ目はとある病院へ行った時の話です。

初めて行く病院の受付員に「耳が聞こえないので筆談お願いします」と書いた紙を見せると身振りで「少しお待ちください」と言われました。そういわれた瞬間、不安を感じました。しかし、「少しお待ちください」と言われた理由がわかりました。

それは手話ができる人を呼ぶためだったのです!診察時までも手話通訳していただきました。

2つ目はよく通うお店での話です。

今までマスクを下げて、口を大きくゆっくり話してくれました。とある日、突然手話で「いらっしゃいませ」と表現してくれました。もちろん、私からは手話を教えていません。

私の住んでいる地域にも手話ができる人が増え、手話を広めつつあると実感しています。

そこでインターネットの力を借りて、全国でつながる人を増やして、より早く手話を広めるようにしていきたいと考えています。

PAGE TOP