手話小学校の活用方法

このページは手話小学校のコンテンツの紹介です。

手話を本気で覚えたいあなたのために、手話スキル向上ができる、いくつかのコンテンツを用意しました。

「手話は難しい」と思っているあなたが「手話ってこんなに楽しいんだ!」と思ってもらえるようなコンテンツを日々研究して作り出します。

Slackでコミュニケーション

Slack(チャット)、Zoom(ビデオ通話)を主に使用しての活動になります。

Slackの主な使用用途は以下の通り

  • 運営からのお知らせ
  • 各講座のお知らせ、参加者募集(ここで講座、個別セッションへの参加ができます)
  • 手話に関するニュース
  • 自由雑談

Zoomは後ほど紹介する講座で使用します。もちろん、生徒同士での雑談にでも使用もできます。

手話小学校のSlackは以下の画像のとおりになります。

(※)画像は「自己紹介」を表示しています。

では、手話小学校のコンテンツを紹介します。(一部のみご紹介)

初心者手話講座

主に「手話始めたばかりの人」「手話を1から学び直したい人」向けの講座です。主に運営者の私が手話を教えます。手話初心者がある程度の手話を覚えたら、先生になってもらい、手話を教えるよう、お願いします。

毎月、第1・3・4週は手話初心者講座を実施します。(※)初心者手話講座の参加方法は生徒講座の参加方法を含め、後述します。

生徒講座

手話小学校の生徒が先生になり、手話小学校生徒に手話で教える講座です。講座のテーマは自由です。ただ、10分以内で終わるような内容でお願いします。理由は手話を使い続けると腕への負担になるためです。

生徒講座が終わった後、余った時間で「手話でお話会」を実施します。手話でお話会とは手話を使って雑談などをします。雑談を通じて手話表現スキルが伸びていきます。

毎月、第3週、生徒講座を実施します。(※)生徒講座の参加方法は後述します。

各講座の参加方法

  1. 講座予約システムを用いての予約(講座予約システムとは以下の画像の通りです)
  2. 手話初心者講座・生徒講座では2名以上参加できる日で実施します。個別セッションは予約したその日で参加ができます。

※Zoomに録画機能があり、録画し、手話小学校生徒限定に共有。参加できない方も学べるようにするため。

※また、個別セッションで参加できなかった講座の受講が可能。個別セッションについて詳しくはこちら

※講座予約システムの画像では一部のみ表示しております。

講座予約システムは以下の画像です。

コミュニティの活用方法の例

Slack内の自由雑談ルームではチャットのように雑談はもちろん、以下の活用方法もあります。

  • 手話検定の告知
  • おすすめする手話の本の紹介
  • 自分の手話があっているかどうがをみんなで確認
  • 生徒同士の雑談でzoom参加者募集
    など

質問コーナー

質問コーナーでは、「似ている手話表現があり、わかりにくい」「〇〇の手話表現教えて」など、手話に関する質問をお受付しています。

手話小学校から動画や文字にて回答致します。場合によって文字のみに回答もします。

手話に関する質問をして、自分自身の手話スキルを高めていきましょう!

疑問を放っておかず、積極的に質問していきましょう!

 

手話単語集

週に4回、西岡校長が30秒以内でわかる動画と文字で投稿します。(毎週月、水、土、日曜日)

流れは以下の通りです。

①Slackの「手話単語集」のチャンネルにて、西岡による30秒以内の動画と解説を投稿。

②質問などがあれば、お気軽にコメントをお願いいたします。

手話単語集の活動の様子

 

上の2つの画像は一部です。忙しい方でも30秒以内でわかるようにしています。また、30秒以内なので、たった1分で2回の復習が可能です。

宿題提出

西岡校長が1分以内で手話表現した動画から手話を読み取り、文章にして、手話小学校に提出。

とはいえ、手話読み取りは一人ひとりの見方によって違います。なので、僕の話と大きくずれてないかぎり、正解となります。

宿題提出して、手話読み取る力を高めていきましょう!

また、手話通訳などをする際、手話を読み取り、健聴者に口話で伝える事があると思います。その練習をします。

週に1回実施します。(基本的に毎週土曜日)

宿題提出の流れは以下の通り

  1. Slackに西岡校長が1分以内の動画で手話表現
  2. 生徒がその手話を読み取り、コメントで返信
  3. 西岡校長が確認。僕が言いたいことを理解できているかどうかをチェック
PAGE TOP