ABOUT SIGN SCHOOL

ここは手話小学校が掲げるビジョン、ミッションなどを紹介します。

MISSIN(ミッション)

日本に、手話を当たり前に。

現在、聴覚障害者、手話できる人の一人ひとりの努力のおかげで手話普及しつつある。そこで手話第一言語の手話小学校を通じて、手話普及を加速の貢献したい。手話小学校は常に新しい価値観を探り続け、「いつでも」「どこでも」手話を学べる環境を届ける。

 

なぜ手話小学校という手段だったのか

「聴覚障害者もスムーズにコミュニケーションができる社会づくり」を貢献したい。これは聴覚障害者、手話できる人は誰でも同じ想いを持っている。そこに手話小学校の想いを少し乗せる。忙しくて手話サークルや教室との時間が合わない方が学べる。それが手話小学校の原点。

VISION(ビジョン)

日本を、誰でも手話ができる社会に。

手話小学校では、手話学習の新しい価値観を創り続けます。それができなければ「日本を、誰でも手話ができる社会に。」を作り上げることが難しいと考えております。

SYSTEM(システム)

世間の通常の小学校の組織は校長を頂点とする参画になぞらえて、校長の指示を受け、先生が生徒や学校のために動く。手話小学校では生徒や先生の想いを実現するために校長が動く。

 

 

手話小学校のこだわり

こだわりその①

手話で「わかる」から「できる」へ

「わかる」と「できる」は似ているようで中身は全然違う。「わかる」で終わらせません。「できる」ようになるまで勉強していく。

こだわりその②

結果で突き抜く

生徒や先生や世の中の意見を反映するように全力を注ぎ、結果を出すことで愛される手話小学校をつくる。

こだわりその③

手話で日本を元気に。

手話普及し、聴覚障害者も気軽にコミュニケーションができる社会づくりを貢献。手話で聴覚障害者に笑顔をさせたら、自分も笑顔になれる。お互いを元気にしたい。それを広めていけば、日本を元気になれる。

こだわりその④

1時間超えない。

塾や授業などで1時間超えてしまうこともありますが、手話小学校の講座では1時間超えずに終わらせます。1時間超えただけで「長いな」と頭の中で自然と浮かび、手話が頭に入らなくなる。それは講座の時間のムダ。だからこそ、1時間内超えないようにすることで集中でき、覚えた手話を無駄にしない。

万が一、講座が長引いたりなどで、1時間超えそうになる場合、事前にお伝えします。

こだわりその⑤

復習に力を入れた講座

手話小学校の講座は30分は講座の勉強で、30分は復習を取り入れるので、1回の講座が2回勉強したことになれる。

PAGE TOP