ABOUT SIGN SCHOOL

ここは手話小学校が掲げるビジョン、ミッションなどを紹介します。

MISSIN(ミッション)

手話を、面白いものに。

小学校では真面目に勉強するだけではなく、面白く学べるコンテンツもたくさんあるように、手話小学校も真面目に勉強するだけではなく、面白く学べるコンテンツもやっている。講座時、資料どおり真面目に勉強するだけではなく、雑談も混じってやっていく。

なぜ手話小学校という手段だったのか

「聴覚障害者もスムーズにコミュニケーションができる社会づくり」を貢献したい。これは聴覚障害者、手話できる人は誰でも同じ想いを持っている。そこに手話小学校の想いを少し乗せる。忙しくて手話サークルや教室との時間が合わない方が学べる。それが手話小学校の原点。

VISION(ビジョン)

日本を、誰でも手話ができる社会に。

手話小学校では、手話学習の新しい価値観を創り続けます。それができなければ「日本を、誰でも手話ができる社会に。」を作り上げることが難しいと考えております。

SYSTEM(システム)

世間の通常の小学校の組織は校長を頂点とする参画になぞらえて、校長の指示を受け、先生が生徒や学校のために動く。手話小学校では生徒や先生の想いを実現するために校長が動く。

 

 

手話小学校のこだわり

こだわりその①

手話で「わかる」から「できる」へ

「わかる」と「できる」は似ているように見えるが、全然違う。「わかる」で終わらせず、「できる」までやっていく。具体的には講座で覚えた手話を使う機会を与える。その機会は「生徒同士で楽しく手話で話し合う」です。

結果で突き抜く

生徒の意見を反映するように全力を注ぎ、愛される手話小学校をつくる。(実績として西岡校長の判断でその意見はよくないと感じ、却下した事例もあり)

(こだわりその③

手話は永遠の親友に。

手話もスキルの1つで、スキルを身につくと盗まれたりなくなったりしない。モノやお金は盗まれたり無くなったりする可能性はあるが、、身についたスキルはその心配は全くない。言い換えれば、スキルは永遠の親友。手話も永遠の親友になろう。

こだわりその④

1時間超えない。

塾や授業などで1時間超こえることはあるが、手話小学校の講座では1時間超えずに終わらせる。1時間内集中して覚えてもらうため。講座は約30分で終える内容になっており、残り約30分は覚えた手話を使っての雑談などをする。楽しく覚えられるコンテンツも用意している。

こだわりその⑤

復習に力を入れた講座

手話小学校の講座は30分は講座の勉強で、30分は復習を取り入れるので、1回の講座が2回勉強したことになれる。

PAGE TOP